/ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

ジョシュ・キング

年齢:28歳

クラブ:ボーンマス

ニューカッスルへの移籍の前には、ボーンマスからスパーズへの移籍が噂されていたのはカラム・ウィルソンであったが、チャンピオンシップへの降格を受けてキングもまた同じ見出しでメディアに登場している。

バイタリティ・スタジアムで大ヒットとなったノルウェー代表のキングが、移籍マーケットの最終日を前にプレミアリーグに戻ってきても不思議ではない。

キングはワイドなポジションだけでなく、中盤でもプレーできるため、補強できればスパーズにオプションを与えることになるが、今月初めにfootball.londonが報じたところによると、この移籍マーケットでスパーズはキングを補強ターゲットにはしていないようだ。

カルロス・ヴィニシウス

年齢:25歳

クラブ:ベンフィカ/ポルトガル

スパーズが興味を示しているストライカーの一人がベンフィカのエース、ヴィニシウスだ。

昨シーズン、ポルトガルのクラブで47試合に出場して24ゴールを記録したこのブラジル人は、長身でパワフルなフロントマンであり、まさにモウリーニョの好むタイプのフォワードだ。

ポルトガルでプレーしていることからも、モウリーニョはこのストライカーのことをよく知っているだろうし、スパーズは1月にベンフィカからジェドソン・フェルナンデスをローンで補強しておりクラブ間のつながりを持っている。