/ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

アンドレア・ベロッティ

年齢:26歳

クラブ:トリノ/イタリア

イタリア人ストライカーのベロッティに対してもスパーズは打診を入れている。

このストライカーは、セリエAでのゴール前での活躍から、ここ数年に渡ってプレミアリーグへの移籍が噂されてきた。

トリノは主力選手を安く手放そうとは思っていないであろうから、ベロッティを獲得するには大きな資金が必要になるだろう。

イタリア以外のクラブが彼の獲得を狙う場合、その契約には1億ユーロの放出条項があると考えられている。

ダニー・イングス

年齢:28歳

クラブ:サウサンプトン

2シーズン前のセント・メアリーズへのローン移籍を経て、昨シーズンからサウサンプトンに完全移籍を果たしたイングスは、センセーショナルな活躍を見せていた。

イングスは42試合に出場して25ゴールを挙げ、そのパフォーマンスでイングランド代表への復帰を果たした。

スパーズが元バーンリーのストライカーに強い関心を持っていることを理解しているが、この取引を成立させるのは難しすぎるだろう。

リバプールから2000万ポンドの移籍金で加入したことや、昨シーズンの大活躍により現在はイングランド代表ストライカーのステータスを得たことを考えると、セインツはその2倍以上の金額を要求してくるはずだ。