/ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

時計の針が刻一刻と時を刻むなか、ジョゼ・モウリーニョとトッテナムは、移籍マーケットの期限前に新しいストライカーを獲得しようと奮闘している。

2020-21シーズンの開幕前にスパーズは3人の新戦力をチームに加えたが、次の補強ターゲットはアタッカーだ。

昨年の夏にナポリにフリーで移籍したフェルナンド・ジョレンテの後任を見つけることができぬままのスパーズにおいて、ハリー・ケインが全ての試合でプレーできるわけではなく、シーズン開幕から早々に過密日程を控えるだけにストライカーを補強することが急務となっている。

エバートンとの開幕戦を控えての記者会見において、クラブのストライカー補強について聞かれたモウリーニョは移籍マーケットの期限前にストライカーが加入することを確信していると述べた。

「そうだ。私はストライカーが欲しいし、必要だと思っているよ。こればっかりはハッキリとさせておきたいし、このクラブで私の上位にいる人たちだって私がストライカーを必要としていて、ストライカーを欲しがっていることを知っているんだ」

「我々はストライカーを手に入れることができるか?正直に言うと、そうなると信じているよ。チームのバランスを考えればストライカーを必要としているし、現時点でチーム戦力はいくつかのポジションでオプションが充実し、バランスがどんどん高まっている」

「特に、EFLとUEFAからの贈り物をもらったので、日曜、火曜、木曜、日曜と2週連続で戦わなければならないという、とてもユニークな経験ができるようになった」