/マウリシオ・ポチェッティーノ:ハリー・ウィンクスはイングランドのイニエスタになれる

マウリシオ・ポチェッティーノ:ハリー・ウィンクスはイングランドのイニエスタになれる

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「ハリー・ウィンクスこそが中盤の創造性に悩むスリーライオンズに完璧な答えを導き出す」とイングランド代表のギャレス・サウスゲイト監督に進言した。

 

ワールドカップでセミファイナルに進出したイングランド代表だが、ルカ・モドリッチのクロアチアに敗れた試合では中盤に創造性を欠いていた。そして先週のUEFAネーションズ・リーグのスペイン戦でもウェンブリーで同様の課題を露呈し、敗れた。

試合後、サウスゲイト監督は、そのキャリアのなかでポール・ガスコインのみが中盤の創造性を生み出せたイングランド人だと語り、驚異的な自信とプレッシャーのなかでもドリブルで相手を突破し、敵陣を切り裂くパスを通せる選手が、今のスリーライオンズには必要だと説いていた。

過去5年でイングランド代表に最も多くの選手を輩出しているポチェッティーノは、今一度、サウスゲイトの求める選手を輩出できると信じている。それこそがウィンクスであると、スペイン代表とバルセロナのレジェンド、チャビやアンドレス・イニエスタにたとえて説明した。

この注目の22歳のミッドフィルダーは、土曜日のウェンブリーでリバプール戦の招集メンバーに入る見込みだ。

「ハリーはパーフェクトなミッドフィルダーとしての資質を持っている。彼のキャラクターはパーフェクトだ。チャビやイニエスタのようなミッドフィルダーについて話すことがあるが、彼はまさにそのようなタイプの選手だね。そのレベルの才能を持っているが、この私の言葉を本人には前向きに受け止めてもらいたい。彼にはまだまだやるべきことはたくさんあるからね」

「あまり褒めすぎるのも良くない。頭の中ばかりが大きくなってしまう!彼はこれを聞いて『ワオ!』と思うだろうが、実際はまだまだ自分の実力を証明していかなければならないんだ」