/クリスチャン・エリクセン:新スタジアムでスパーズは次のレベルへ

クリスチャン・エリクセン:新スタジアムでスパーズは次のレベルへ

トッテナムのミッドフィルダーであるクリスチャン・エリクセンは、新スタジアムを手にすることでスパーズは成功に近づく「次のステップ」へと進むことができると語っている。

 

およそ1000億ポンドを投じた新スタジアムのオープニングとなる4月3日のクリスタルパレス戦が間も無くに迫っているスパーズ。

当初9月から使用開始の予定だった62,062席の新しいホームグラウンドは、これまでの長い遅延を経て、今シーズンのプレミアリーグの残り5試合の会場となり、さらには4月9日のチャンピオンズリーグ・クウォーターファイナル、マンチェスター・シティとのファーストレグでも使用される。

遅延の間、トッテナムはウェンブリーを仮のホームとして使用していたが、現在、デンマーク代表として招集を受けているエリクセンは、新しいスタジアムでのプレーを待ち焦がれえいると明かす。

「僕はずっと待ってたんだ。この素晴らしいスタジアムは、これから長年に渡ってクラブに多くをもたらすよ」

https://static.standard.co.uk/s3fs-public/thumbnails/image/2019/03/04/10/15spursstadium0403.jpg?width=1368&height=912&fit=bounds&format=pjpg&auto=webp&quality=70

「僕は間違いなくこのスタジアムがクラブを次のステップに導く手助けをしてくれると思っている」

「新しいスタジアムでプレーできるのを僕らはずっと待っていたから、僕らのホーム・スタジアムに戻り、これからずっとそこで戦い続けられるのは素晴らしいね」

「もちろん、ウェンブリーを早く離れたいってみんなが望んでいたよ。特にシーズンの序盤はね。でも、ウェンブリーも僕らの第2のホームなのさ。ファンにとっては良いことだね。ホームのホワイトハート・レーンに戻れるのは素晴らしいことだし、僕らにとって真のホームグラウンドのようになったら最高だね」