/ピエール・エミール・ホイビュルクがスパーズにとって完璧な補強となる理由

ピエール・エミール・ホイビュルクがスパーズにとって完璧な補強となる理由

ホイビュルクはセインツのラルフ・ハーゼンハットル監督のシステムのキーマンとして、シーズンを通して守備的な役割からボックス・トゥ・ボックスの役割へと変化してきた。

モウリーニョにとっては、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドで寵愛し、同じような役割を果たしたネマニャ・マティッチを、このセインツの男に重ねているかもしれない。

もう一つの注目すべきポイントは、スパーズからのローンでサウサンプトンに加入したカイル・ウォーカー=ピーターズがどのように馴染んでいくのか、そしてフットボールが再開された時に彼がどのような役割を果たすのかということだ。

もし彼が好印象を残すことができれば、トッテナムはセインツのキャプテンの獲得における商談の一部としてウォーカー=ピータースを使うことができるだろう。そう考えれば、若いスパーズの右サイドバックの活躍ぶりにも注目だ。

ただし、ホイビュルクがトップレベルで安定したプレーができるかどうかは疑問が残る。17歳でバイエルン・ミュンヘンに入団したホイビェルグが、レギュラーになるのに苦労したことを指摘する声もある。

しかし、それ以来、多くの試練を乗り越えており、もしスパーズが良い価格で手に入れることができれば(この財政難の中では『価格設定』が極めて重要である)、ホイビュルクはクラブにとっても、また、次のレベルへと発展させることができる若い選手というプロフィールをとっても、完璧に有望視できる存在であろう。