/ピエール・エミール・ホイビュルクがスパーズにとって完璧な補強となる理由

ピエール・エミール・ホイビュルクがスパーズにとって完璧な補強となる理由

サウサンプトンにとっての問題は、ホイビュルクとの契約が残り1年しか残っていないことと、プレミアリーグが中断した影響で選手の移籍金がこれから暴落すると予想されることだ。

トッテナムにとっては、このデンマーク人は多くの面で求める項目に適合している。24歳という若さにもかかわらず、彼は4年間のプレミアリーグでの経験を持っている。

ホイビェルグはスパーズが必要としている守備的な中盤の役割を担うこともできるし、トッテナムに欠けていたリーダーシップがある。

セインツのミッドフィルダーでは今シーズン、プレミアリーグで28試合に出場して66回のタックルを決めたが、セルジュ・オーリエが74回で上回るものの、その他のスパーズの誰よりも多い。これらに次ぐ選手はダビンソン・サンチェスで、41回のタックルによるボール奪取を記録している。

ホイビェルグはプレミアリーグで41回のインターセプトを行い、これはトッテナムの誰よりも上回っている。そのスタッツでスパーズのトップは、またしてもオーリエで37回である。

トッテナムのミッドフィルダーの中では、このデンマーク人よりも5試合出場が少ないハリー・ウィンクスが23回のインターセプトをしている。ウィンクスは、守備面での改善においてモウリーニョと密接に協力し合ったことを語っていた。