/ピエール・エミール・ホイヴィアがスパーズにとって完璧な補強となる理由

ピエール・エミール・ホイヴィアがスパーズにとって完璧な補強となる理由

サウサンプトンのミッドフィルダー、ピエール・エミール・ホイヴィアは、ここ数ヶ月でトッテナム・ホットスパーからの関心の対象となっており、ノースロンドンのクラブにとっては理にかなった動きと思われる。

24歳のセインツのキャプテンは、トッテナムが求めるチェック項目の多くを満たしており、次の移籍マーケットではおそらくリーズナブルな移籍金が設定されるであろう。

ジョゼ・モウリーニョのチーム戦力を補強するために、トッテナムは1月の移籍マーケットでもこのデンマーク人選手の獲得を検討していたが、その時点でこの商談をまとめることは困難だと考えられていた。

だがスパーズは、次の移籍マーケットが開けば、再びホイヴィアの獲得を検討することになるだろう。

ホイヴィア自身も、スパーズの関心の高さには満足しているとデンマークのメディア『Viaplay Sport Live』で次のように語っている。

「ビッグクラブだし、クリスティアン・エリクセンが良い思い出をあのクラブで作ったからね」

「最も重要なのはサウサンプトンに集中し、シーズンが再び始まるときに集中すること。自分がこれまで戦ってきた場所で続けていくことだよ。もちろん、この先何が起ころうと、それを受け止めなければならないけどね」

ホイヴィアは最近のインタビューで、自身の将来について『Sport 1』のインタビューでより詳しく語っている。

「自分が何をしたいのかは分かっているし、クラブもそれを知っている。今の自分よりももっと高いレベルでプレーしたい」

「僕とサウサンプトンの関係は素晴らしいんだ。クラブは私に成長するための舞台を与えてくれた」

「『さようなら』とは言わないし、クラブに集中しているけど、僕の目標ははっきりしている。プレミアリーグとチャンピオンズリーグを制覇したいんだ」