/セルジュ・オーリエ、「トリッピアはお休みだ。ここからは俺がチャンスを掴む番さ」

セルジュ・オーリエ、「トリッピアはお休みだ。ここからは俺がチャンスを掴む番さ」

昨シーズンのオーリエのパフォーマンスは不安定で、ビッグゲームではトリッピアが好んで起用されていた。

「今シーズンはそうはいかないぜ。(昨夏)俺にはプレシーズンが無かったんだ。今はすごく調子よくやってるし、ここからの(フレンドリーの)3試合に準備万端さ。プレシーズンはとっても大切なんだ。その後のリーグの開幕時には、俺の準備が整っているよ」

「より多くの試合をプレーすることが大切なのさ。昨シーズンは俺が1試合プレーして、トリッピアが2試合プレーしていた。プレシーズンでしっかりとフィットネスを整えるために俺はここにいる。プレミアリーグのこと、選手たちのこと、チームのスタッフのことを俺はよく分かっている。ここからは俺の出番さ」

パリ・サンジェルマンで2015年と2016年にリーグ・アンを連覇したオーリエは、新シーズンこそトッテナムがプレミアリーグを制覇できると信じている。

「俺の目標はプレミアリーグを勝ち取ることさ」

「できるだろ?プレミアリーグは確かにフランスのリーグとは違う。俺にとっては大きな変化だったが、俺は首位でシーズンを戦い切れるチームにいる。実際にそうなるかは分からないが、この新しいプロジェクトや新しいスタジアムを俺も、俺の仲間たちも信じてるんだぜ」

「このクラブに来る前にも、プレミアリーグは観ていたんだ。力強さが好きだった。ファンのことも好きだったイングランドの人たちはフットボールが好きなんだ。それも大切なことだよ。フランスとは違うよな」

「こっちではレスターやバーンリーとの試合でもスタジアムは満員だ。これこそがフットボールさ。その違いはとてつもなくデカいぜ」

boutot110318ad.jpg