/ハリー・ウィンクス:プレー中に足首の痛みのことを考えないようにする方法を編み出した

ハリー・ウィンクス:プレー中に足首の痛みのことを考えないようにする方法を編み出した

 

しかし、ウィンクス本人は自身がデンベレの後継者ではないと語っている。ポチェッティーノの助言に従い、より多くのゴールを決めるように進化を遂げていきたいようだ。先日のフラム戦で劇的な終了間際の決勝ゴールを決めたが、あのゴールはおよそ800日ぶりのものだった。

「ムサから多くを学んだよ。彼は謙虚な男で話していてもとてもナイスだった。ピッチの上では僕がこれまで一緒にプレーして来た中でも最高の選手の一人さ」

「(彼の後継であるという)プレッシャーは感じていないよ。ここでステップアップできる優秀な選手が僕らにはいっぱいいるからね。ムサの座を僕が引き継ごうなんてことは考えてはいないさ」

「ゴールを決めることは上達していきたいし、自分のプレースタイルして確立していきたい。あまり上手くはないから、シュートやフィニッシュを上達させる必要があるんだ」

土曜日のニューカッスル戦の勝利で、首位リバプールとの勝ち点差を5ポイントとなっているが、リーグ制覇を実現させるためにはまずアンフィールドで、そしてさらにマンチェスター・シティにも勝たなければならないと話す。

「タイトル候補となるためにはその2試合に勝たなければならないね。今の順位には満足しているし、とても上手くいってると思うよ」