/トッテナム・ホットスパーはアントニオ・リュディガーへの支持を表明

トッテナム・ホットスパーはアントニオ・リュディガーへの支持を表明

新しい証拠が発見された場合にアントニオ・リュディガーのスパーズ・ファンからの人種差別的な虐待を受けたとの申立てに対する調査を再開することを明らかにした。

昨年12月22日にトッテナムのホームでチェルシーが2-0で勝利した試合において、スパーズ・ファンからの人種差別的なチャントがあったとのリュディガーの主張を裏付ける証拠が見つからなかったことに対して、今週、改めてリュディガーは「人種差別の勝利」と述べた。

その試合中にドイツ代表ディフェンダーは「モンキー・チャント」があったと審判に報告し、すぐさまプレーは停止した。

スパーズは、調査後の1月6日のリュディガーの申し立てについて「容疑を確証、または否定する」証拠が見つからなかったと発表した。

しかし、今週、その調査の結果によって「孤独」さを感じたとリュディガーが話したことを受けて、ノースロンドンのクラブはチェルシーのディフェンダーへのサポートを再確認するために動き、次のような声明を発表している。

「クラブは、アントニオ・リュディガーが今回の一件でとった行動を全面的に支持することを繰り返しお伝えし、これから先もこのような状況に直面した選手は同じように行動することを推奨します」

「選手の申し立てを受けて、ロンドン警視庁で徹底的な調査が行われました。新しい情報が明らかになった場合、我々はこれを再検討する用意があります」

チェルシーはトッテナムのこの声明を歓迎していると思われ、ブルースはあらゆる形態の差別を根絶するために懸命に働いている。

チェルシーは土曜日にトッテナムに対して14年ぶりのリーグ・ダブルを果たし、リュディガーはその試合の2日前に息子の誕生を祝った。