/スタッド・レンヌ戦の予想先発メンバー最新版:ベルフワイン、エンドンベレ、ヒルが先発に

スタッド・レンヌ戦の予想先発メンバー最新版:ベルフワイン、エンドンベレ、ヒルが先発に

木曜日の夜に行われるヨーロッパ・カンファレンスリーグのグループステージの初戦で、トッテナムはレンヌに対してどのような布陣で臨むかを予想した。

ヌーノ・エスピリト・サントは、土曜日のクリスタルパレスでの悲惨な試合の後、トッテナムで良い流れを取り戻したいという思いと、今週の日曜日に行われるチェルシーとの重要なダービーに向けて選手たちを休養十分にしたいという思いのバランスを取らなければならない。

スパーズはヨーロッパ・カンファレンスリーグのグループリーグで最も過酷なレンヌとの敵地での試合を控えており、指揮官はこのフランスの雄との一戦を軽視することはできない。

しかし、チェルシーは火曜日の夜にチャンピオンズリーグの試合を控えており、エスピリト・サントは、日曜日に控えるプレミアリーグの試合に臨むトッテナムの選手たちを疲れさせるわけにはいかない。

欠場者や負傷者の多いディフェンダー陣では、ジャフェト・タンガンガとジョー・ロドンが再びコンビを組むことになりそうだ。パレス戦で退場となったタンガンガだが、ヨーロッパ戦では出場停止の影響を受けずに済む。

土曜日のパレス戦で出場機会を得るべきだったタンギ・エンドンベレとブライアン・ヒルには、チームに創造性を加えようとするエスピリト・サントが、フランスの地で出場機会を得ることになるだろう。

ステーフェン・ベルフワインはすでにフィットしており、エスピリト・サントは負傷明けのオランダ人にプレー時間を与えてルーカス・モウラを休ませるか、あるいはブラジル人を先発させて60分ほどプレーをさせてベルフワインと交代させるかを決めることになる。

17歳のデイン・スカーレットが前線の唯一の控え選手となることから、スパーズのボスはハリー・ケインにもっとプレー時間を与えて感覚を取り戻させることを決断するかもしれない。

4-3-3:ゴッリーニ、ドハティ、タンガンガ、ロドン、デイビス、ホイヴィア、ウィンクス、エンドンベレ、ベルフワイン、ケイン、ヒル