/来シーズンのトッテナム・ホットスパーを前進させるチームの「柱」となる7人

来シーズンのトッテナム・ホットスパーを前進させるチームの「柱」となる7人

トッテナムがプレミアリーグとヨーロッパでの地位を向上させるためには、来シーズン、才能ある選手を「柱」に据えてチームを構築する必要がある。

今シーズンにはまだ紆余曲折がありそうだが、トッテナム・ホットスパーは来シーズンに向けての計画を立て、前進と向上の必要性を感じている。

どのクラブも強力なチーム戦力を持たなければならないが、最終的にはそのチームの中核となる選手、つまり毎週のように先発メンバーの基盤を形成する信頼できる7〜8人の「柱」となる選手が重要となる。

来シーズンにこのノースロンドンのクラブの指揮を執るのがジョゼ・モウリーニョであろうと、新たな人物であろうと、クラブはその「柱」をどのようなメンバーにするか、その「柱」の誰をどこに配置するかを決めなければならない。

今シーズンの開幕時と同じように、その「柱」として新しい選手が加わることもあれば、新しい選手を獲得するために他の選手が放出というかたちで犠牲になることもあるだろう。

一方で、そういった主力クラスの選手に対しては他クラブから獲得オファーが提示され、その額は複数の新戦力の獲得を可能にするような高額なオファーも予想されるため、スパーズの主力選手の維持に対する決意が試されることになるだろう。もしもそこで獲得オファーになびくことがあれば、かけがえのない「柱」の放出によって、クラブに大きな穴を開けてしまう懸念があるだろう。

ここでは、来シーズンのトッテナムの「柱」を担う可能性のある7人(厳密には8人)の選手をリストアップした。ジョー・ロドンのような若手選手もいずれ頭角を現すだろうし、特定のポジションに「柱」を担う選手がいないことは、これからその位置を担う選手の台頭を促すことになる。