/スパーズ対チェルシー(カラバオ・カップ):プレーヤー・レイティング、またガッザニーガが…

スパーズ対チェルシー(カラバオ・カップ):プレーヤー・レイティング、またガッザニーガが…

 

ハリー・ウィンクス 5

前半にイエローカードを受けた若きミッドフィルダーは、時折、沈黙をしていた。後半も、そのパスは精彩を欠いていた。

 

ムサ・シソコ 6

何度かいつも通りの縦への攻撃力溢れるドリブルを見せ、相手を混乱に陥れていたが、決定機にまでは繋がらず。ハードワークを続け、チェルシーのプレーをできる限り粉砕していた。

 

デレ・アリ 6

攻撃面での活躍は限られていたが、アザールへのチェックは随所に効果を出していた。

 

クリスチャン・エリクセン 5

前半はプレーに精彩を欠く場面があったが、後半に入るとケパに強烈シュートをお見舞いする。それでも彼にとってはいまいちな夜だった。

 

ソン・フンミン 6

序盤はクリステンセンをスピードで振り切り転倒させるなど攻撃で脅威となった。ケインの先制ゴールの後も、随所に攻撃の突破口を切り開いた。しかし、周りの低パフォーマンスもあって、徐々に勢いは衰えていった。