/アーセナル対スパーズ:プレーヤー・レイティング、フォイスとフェルトンゲンの悪夢のダービー

アーセナル対スパーズ:プレーヤー・レイティング、フォイスとフェルトンゲンの悪夢のダービー

トッテナムのプレーヤー・レイティング:フアン・フォイスとヤン・フェルトンゲンにとって悪夢のエミレーツ。4−2の敗戦となったアーセナル戦のトッテナムの選手たちの評価。

 

ウーゴ・ロリス 5

オーバメヤンのPKでは逆に飛ぶも、20分には密集地帯をすり抜けて来た低い弾道のボールをブロック。ハーフタイムの直前にはムスタフィのシュートをセーブ。しかし、オーバメヤンの2ゴール目は目で見送ることしかできず。アーセナルの3点目、4点目も同様。その弾道に近くことすらできなかった。

 

セルジュ・オーリエ 4

今シーズンの彼のベスト・ゲームとは程遠く、序盤に何度かミスを犯す。オーバメヤンの2ゴール目は、もっと間合いを詰めることができたはず。終盤に荒いチャレンジでイエローカードを受ける。

 

フアン・フォイス 4

60分までに数回の重要なインターセプトを見せたが、アーセナルの勝ち越しゴール(3点目)に繋がったバックパスのミスは本人の記憶に残り続けるだろう。3ポイントへの進路が変わってしまった。

 

ヤン・フェルトンゲン 3

序盤に相手コーナーからハンドを犯し、アーセナルを先制ゴールに導いてしまうと、終盤にラカゼットへのファールで2枚目のイエローカードを受け、試合終了を待たずしてピッチを後にした。

 

ベン・デイビス 5

20分、ベジェリンのシュートを見事なスライディングでブロックしたウェールズ人だが、攻撃参加はほとんど無し。酷いディフェンスラインのなかではベストだったが、しかし、それは何も意味をなすことではない。