/ピエルルイジ・ゴッリーニがロンドンへのフライト前のミラノで「とてもハッピー」

ピエルルイジ・ゴッリーニがロンドンへのフライト前のミラノで「とてもハッピー」

トッテナムに移籍するピエルルイージ・ゴッリーニは、アタランタからのローン移籍の手続きを完了するためにロンドンに発つ準備をしながら、「とてもハッピーだ」と語っている。

このゴールキーパーは、ヌーノ・エスピリト・サントがスパーズの監督として最初に獲得する選手となり、来年の夏に1290万ポンド(1500万ユーロ)で完全移籍ができる買取オプション付きのローン移籍となる。

イタリアのジャーナリスト、ファブリツィオ・ロマーノは水曜日の夜、メディカル検査の第一段階を終えたゴッリーニをミラノで撮影した映像をツイートした。

その映像の中でゴッリーニはカメラに近づき、スパーズへの移籍が迫っていることについて感想を求められ、こう答えた。

「とてもハッピーだ」

この26歳は木曜日にロンドンに到着し、この移籍を完了させるとみられる。なお、このローン契約には、20試合に出場した場合に完全移籍になる「買取義務」も含まれ、さらにスパーズは2023年6月までの2シーズン目へのローン延長を行使するオプションも保有しているようだ。

イタリア代表として1キャップを記録しているゴッリーニ、2016年に当時チャンピオンシップのアストンヴィラでプレーしたことがあり、そこでイングランドのフットボールを経験している。