/トビー・アルデルヴァイレルト:このクラブのために僕は常に100%でプレーしている

トビー・アルデルヴァイレルト:このクラブのために僕は常に100%でプレーしている

スパーズでの将来が不透明ながらも、トビー・アルデルヴァイレルトはチームへの100%の忠誠心を示し、トッテナムに満足していることをそのパフォーマンスで表していると語っている。

 

火曜、カラバオ・カップのセミファイナル第1戦でチェルシーに1−0の勝利を飾ったスパーズだが、守勢に回った際にはその中心にアルデルヴァイレルトがいた。

先週、スパーズはアルデルヴァイレルトの契約延長オプションを行使し、2019年夏までの契約を1年延長した。しかし、同時に2500万ポンドの移籍金条項も有効になっている。

契約満了を半年後に控えているチームメイトのムサ・デンベレは、現在、中国への移籍が迫っているが、新契約のオファーにサインすることを拒否しながらも、アルデルヴァイレルトはマウリシオ・ポチェッティーノのチームで中心的役割を果たし続けている。

「あと1年ここにいれなら僕はとてもハッピーだ。(1年延長オプションも)僕の契約の一部だし、スパーズが僕を1年間留めておきたいと思ってくれて嬉しいね」

移籍金条項について質問すると、ベルギー代表ディフェンダーは次のように答えている。

「このクラブのために僕は常に100%を出してプレーしているのをみんなが目の当たりにしているはず。それが僕がプレーしている時にいつも心がけていることだ」

「ピッチの上でのことだけに僕は集中しているんだ。これが4シーズン目で僕はとてもハッピーなんだ。チームを助けるためにすべてをやっているよ」