/オリヴァー・スキップとトロイ・パロットのローン移籍先は… [Evening Standard]

オリヴァー・スキップとトロイ・パロットのローン移籍先は… [Evening Standard]

トッテナムの若手ミッドフィルダー、オリヴァー・スキップのシーズン・ローンでの獲得レースでフラムがリードしているが、この商談が成立するか否かはフラムのチャンピオンシップの昇格プレーオフの行方に影響を受けそうだ。

スパーズのジョゼ・モウリーニョは、不本意ながらもスキップをローンで手放すことに合意しており、19歳のスキップはさらにプレミアリーグのサウサンプトンとバーンリーだけでなく、レディングとノッティンガム・フォレストからも関心を集めている。

フラムのスコット・パーカー監督は、スパーズでユースコーチをしていた経歴からスキップのことをよく知っており、プレイオフに勝利しプレミアリーグ昇格を決めた場合はフラムへのローン移籍の可能性が下がるものの、現在、コテイジャーズは最有力候補となっている。

先日、スパーズと新たに4年契約を結んだスキップは、ホールディング・ミッドフィルダーとしてレギュラーでプレーしたいと考えており、トップリーグでプレーするよりもチャンピオンシップの有力クラブの方が、出場機会を得られることを理解している。

今シーズン、わずか105分しかプレーしていないU-21イングランド代表ミッドフィルダーは、チャンピオンシップでのローン経験を経てプレミアリーグやイングランド代表での出番を勝ち取ったチェルシーのメイソン・マウントやタミー・エイブラハムの成功に励まされている。

木曜日にクレイブンコテージで行われるプレーオフ準決勝のセカンドレグを前に、フラムがファーストレグでカーディフを2-0とリードしており、ウェンブリーでのプレーオフ・ファイナルではブレントフォードとスウォンジーの勝者と対戦する。

Possible loan: Oliver Skipp