/アトレティコ・マドリードがアンヘル・コレアの移籍をスパーズに打診 [SkySports]

アトレティコ・マドリードがアンヘル・コレアの移籍をスパーズに打診 [SkySports]

キーラン・トリッピアのアトレティコ・マドリードへの移籍が迫るなか、アトレティコ・マドリードがスパーズにアンヘル・コレアの獲得を打診してきたようだ。

 

スカイスポーツ・ニュースは、トッテナムのキーラン・トリッピアがアトレティコ・マドリードへの移籍に向かっていると理解している。

この交渉が進展するなか、イングランド代表の右サイドバックは水曜日にスペインへ飛び、ラ・リーガのクラブでメディカル検査を受け、個人の契約面での交渉に入るとみられる。

トリッピアの移籍交渉のなかで、アトレティコ・マドリードからストライカーのアンヘル・コレアの移籍についてスパーズは打診を受けたようだ。

スパーズ側がアンヘル・コレアの獲得を望んでいるかどうかは不明だが、コレアはアルゼンチン人であり、マウリシオ・ポチェッティーノと互いによく知る関係だ。

Angel Correa has been at Atletico Madrid since 2014

アトレティコは、最近、退団を発表したフアンフランの後任として右サイドバックのトリッピアを獲得したいと考えている。

このトリッピアの移籍は、今週末までに成立すると、すべての当事者の間で高まっているとみられる。

しかし、スペインの情報筋は、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督がスペイン語をよく理解していないトリッピアを獲得するかどうかに疑問を投げかけている。

スパーズは今年の夏にトリッピアへの獲得オファーに耳を傾ける姿勢でおり、28歳のディフェンダーにはユベントスとナポリも興味を持っていた。

スカイスポーツ・ニュースが先週明らかにしたところによると、バイエルン・ミュンヘンの補強リストにもトリッピアは入っており、スパーズの右サイドバック、セルジュ・オーリエもこの夏の移籍が可能だとみている。

Serge Aurier (left) is also available for transfer this summer

スカイスポーツ・ニュースは、マルセイユの酒井宏樹がトリッピアやオーリエの後釜としてトッテナムが獲得したい戦力になっているとを理解している。