/モウリーニョの戦術的アプローチの裏に隠されたアイデアとは?

モウリーニョの戦術的アプローチの裏に隠されたアイデアとは?

Spurs break quickly once regaining possession to exploit Leicester's expansive shape and second-choice defenders
スパーズは一度ポゼッションを奪い返すと素早くカウンターを仕掛け、レスターの控え組による守備陣と広大なスペースを切り開く

スパーズの指揮官は、明らかにゲームプランに沿ってどのように攻略するかの明確なビジョンを持っていたし、今回はそれが完璧に機能した。見ていて美しくないかもしれないが、戦略的で合理的であった。

ノースロンドンのクラブは、アーセナルに2-1の勝利した試合を含め、そこから3戦全勝を記録した。スパーズはガナーズとの試合でも、ポゼションが37%と低かったが、そこにはゲームプランを示唆するパターンが見えていた。

モウリーニョの選手たちは、自陣のゴールの近くからプレーを構築する意図を見せたが、そのほとんどはボールに向かってくるミケル・アルテタの選手たちをおびき寄せる手段としてだった。

Spurs play passes close to their own goal in order to entice Arsenal players into pressing
スパーズはハイプレスを仕掛けるアーセナルを誘い込むために、自陣ゴールの近くでパスを回す

アーセナルが選手を前方にプレスをしてきたところで、スパーズはロングボールを放っていた。それは「前世代的なロングボール・フットボール」と解釈されるかもしれないが、そのロング・パスによってチームは有利な状況を意図的に作り出すことができた。