/モウリーニョの戦術的アプローチの裏に隠されたアイデアとは?

モウリーニョの戦術的アプローチの裏に隠されたアイデアとは?

日曜日の夜、このポルトガル人は教え子の一人であるブレンダン・ロジャーズのレスターと対戦した。彼は3つのゴールを決めて無失点で勝利したが、レスターが18本のシュートを放ったのに対してスパーズは6本、さらにはスパーズがホームでプレーしているにもかかわらず、わずか30%のポゼションであったことが数値として浮き彫りになった。

しかし、その試合の後、モウリーニョは彼の考えについての洞察を説いた。

「彼らにとって今日の5バックでプレーするのは、まったく快適には戦いない状況でだと分かっていた。リカルド・ペレイラ、ソユンク、チルウェルなしで戦うのであれば、バックラインは崩壊するだろうと分析するのは簡単さ」

「だから我々は、彼らが我々を傷つけることができる場所、つまり基本的には我々の後方にあるスペースを埋めることにした。我々は、守備ブロックをいつもより少しばかり後ろに下げることで、相手から離れて守備の深さ作り出した」

スパーズの守備ブロックを深くポジショニングさせることによって、その圧倒的な嗅覚とスピードでゴールキーパーとの1対1に絶対的な強さを誇るジェイミー・バーディの脅威を妨いだのだ。

モウリーニョは続けた。

「彼らにボールを運んでもらいたかったからね。ゆうゆうとボールを扱ってもらって、自陣の深い場所から出てきてもらう。彼らが普段、あまりプレーしなれていないエリアにね」

「ベネットとモーガンを、普段から慣れたエリアから引き出すことで、我々は素早い攻守の切り替えによってカウンターアタックを炸裂させたかったんだ。だから、前半に3ゴールを決めたときには、試合は終わったと思ったよ」