/モウリーニョの戦術的アプローチの裏に隠されたアイデアとは?

モウリーニョの戦術的アプローチの裏に隠されたアイデアとは?

今シーズン、イングランドのトップリーグで1試合平均1.76ポイントを記録しており、これはチェルシー、ウルブズ、レスター、アーセナルに比べれば十分な数字である。そのことからも、この批判は不公平なように思える。

スパーズはモウリーニョのもとでプレミアリーグ13試合に勝利しており、この戦績を上回るのはリバプール、マンチェスター・シティ、そして水曜の夜にウェストハムに勝った場合のマンチェスター・ユナイテッドだけだ。

彼はまだプレシーズンの濃厚な準備期間を経験をしていないし、これまでのところ1人の補強だけ*に留まっていることを考えると、それほどまで悪くないと評価する方が公平だ。

*(補記)冬の移籍マーケットで完全移籍によりPSVアイントホーフェンから獲得したステーフェン・ベルフワインを指していると思われるが、同じく冬の移籍マーケットでベンフィカからジェドソン・フェルナンデスをローンで獲得している。

では、最初の質問の後半にある否定な意見はどこから浮上してきたものだろうか?

あなたは良い戦績を得るために彼の物議を醸す「プレーの原則」を受け入れるのか?「それとも結果よりも、そのアプローチを重視するのか?」

彼のブランドはしばしば、受け身であり、退屈で、のろまで、時代遅れのものだとレッテルを貼られてしまう。マウリシオ・ポチェッティーノの高飛車なスパーズを観てきた者たちは、モウリーニョのスタイルを評価することはないかもしれないが、そもそもそのスタイルの背後にある方法論を理解していないのではないだろうか?