/プレミアリーグ制覇を狙うモウリーニョの2020-21シーズンの先発イレブンを予想

プレミアリーグ制覇を狙うモウリーニョの2020-21シーズンの先発イレブンを予想

デレ・アリは、モウリーニョが適性を見極めながら、中盤の3人体制でも、ストライカーの後ろでもプレーする機会がたくさんあるはずだ。

アリ、ロチェルソ、ソン・フンミン、エリク・ラメラ、ルーカス・モウラ、スステーフェン・ベルフワイン、ジェドソン、セセニョンと攻撃的ミッドフィルダーの枠には多くのポジション争いがあり、来シーズンに彼らのうちの誰が残るかどうかは興味深いところだ。このポジションでトッテナムはQPRの若手イングランド人スター、エベレチ・エゼを狙っている。

セセニョンは肉体的に成長し、マンチェスター・ユナイテッド時代から彼を欲しがっていたモウリーニョとの連携が深まれば、来季はより重要な役割を果たすことになるだろう。

ストライカー

ハリー・ケインがシーズン終了後にスパーズを離れる可能性は低いだろう。ダニエル・レヴィ会長が4年間の契約を残した世界屈指のストライカーに要求する移籍金の額を満たすクラブはほぼ存在しないはずだ。

モウリーニョがタイトルを約束したことと、この指揮官のもとでのフルシーズンを戦うことが、イングランド代表のキャプテンを説得することもできるだろう。

モウリーニョは、ケインが負傷したりリズムを崩したりしているときに彼を休ませるため、トッテナムに別の選択肢を与えるバックアップとなるストライカーを必要としている。

トッテナムは1月にオリビエ・ジルーとの契約の可能性を検討していたが、この夏にはフリーで彼を狙いにいく可能性が高い。

マティッチのように、トッテナムのファンが望むような魅力的な補強ではないが、ジルーもまた経験豊富な勝者であり、先日のスタンフォード・ブリッジでの敗戦では、正しい起用法ができればこの男が大きな武器になることを証明してくれた。

ロリスの親友であるジルーは来季34歳になるが、トロイ・パロットがローン先でより多くの実戦経験を積むための短期的な橋渡し役となり、もし彼が次のシーズンもチームに留まるのであれば、若いアイルランド人ストライカーを導く手助けをすることになるだろう。トッテナムはこの才能あるティーンエイジャーのファーストチームへの道を阻みたくはないはずだ。

ルーカスとソンも前線でプレーすることができるが、今シーズンに露呈したとおり、本職ストライカーの存在には勝てない。

モウリーニョの来季開幕戦に先発メンバーとベンチ入りメンバー

先発(4-3-3):ロリス、アーロンズ、アルデルヴァイレルト、サンチェス、グリマルド、ロチェルソ、マティッチ、エンドンベレ、ソン、ケイン、ベルフワイン


ベンチ:ガッザニーガ、ホワイト、タンガンガ、シソコ、アリ、セセニョン、ジルー