/マルセイユの酒井宏樹の獲得に関心も年齢によって優先度は下がる [DailyMail]

マルセイユの酒井宏樹の獲得に関心も年齢によって優先度は下がる [DailyMail]

サイドバックの危機的状況に直面する可能性があるトッテナム・ホットスパーが、マルセイユの右サイドバック酒井宏樹をモニタリングするも、マウリシオ・ポチェッティーノはその年齢のせいで補強の優先度は後回しにされるかもしれない。

 

報道によると、トッテナムはマルセイユのサイドバックで29歳の酒井宏樹を注視している。

スカイスポーツ・ニュースによると、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は今夏、チームの守備の強化を狙っているが、酒井の年齢が20代後半と高いことから、スパーズの獲得の動きが妨げられる可能性があるという。

酒井は昨シーズン、リーグ・アンで32試合に出場し、1ゴール5アシストを記録した。

イングランド代表のキーラン・トリッピアの退団をスパーズは阻むつもりは無いと思われ、その場合にスパーズは新しいサイドバックが必要となる。

チャンピオンズリーグのファイナルで敗北した後、自身の将来について尋ねられたトリッピアは次のように答えていた。

「分からないよ」

トッテナム・ホットスパーでは、ダニー・ローズもまた来シーズンが開幕する前にノースロンドンを離れる可能性があることを認めている。