/ブルーノ・フェルナンデスのユナイテッドを無効化するモウリーニョのフォーメーション考察

ブルーノ・フェルナンデスのユナイテッドを無効化するモウリーニョのフォーメーション考察

コロナウイルスのパンデミックのためにリーグを中断しているトッテナムは、今月下旬にマンチェスター・ユナイテッドと一戦でプレミアリーグを再開する。

マンチェスター・ユナイテッドの2020年の復調のカギは、これまでのところ、1月にブルーノ・フェルナンデスを獲得したことにある。

夏にはトッテナムへの移籍も視野に入れていたフェルナンデスだが、個人の契約条件でクラブと合意したものの移籍金が大きな障害となり、その移籍は実現しなかった。

25歳のフェルナンデスは、1月の移籍ーマーケットの期限前にオールド・トラフォード行きの契約書にサインするまで、シーズンの前半戦はスポルティングで戦っていた。

ブルーノ・フェルナンデスはユナイテッドに加入して以来、プレミアリーグを席巻し、コロナウイルスの流行でリーグが中断されるまでの間、レッド・デビルズの11試合無敗の快進撃のなかで大きな役割を果たした。

シーズンの再開を待つスパーズのファンは、間違いなくこの男がトッテナム・ホットスパー・スタジアムでピッチに立った時には何が起きるのかを考えているだろう。

また、もしオーレ・グンナー・スールシャール監督が負傷で長期離脱していたポール・ポグバをスターティング・イレブンに起用することを決めた場合、ポール・ポグバを止めるという小さな問題も加わる。

6ヶ月前にスパーズの監督に就任して以降、初めてチーム戦力のすべてがフィットしたモウリーニョはこの試合のために中盤のセレクションにも頭を悩ませているはずだ。