/「ドイツのビエルサ」ラルフ・ラングニックにトッテナムからオファー

「ドイツのビエルサ」ラルフ・ラングニックにトッテナムからオファー

解説者のノエル・ウィーランはこう語っている。

「この競技での経験や知識が豊富になり、現在までに何人かの素晴らしい監督をフォローしていると、彼のことを『ドイツ人のマルセロ・ビエルサだな』と思うことがある」

「ビエルサは、ポチェッティーノや他の監督に対しても、大きな敬意を払っていました。チームを向上させることのできる、経験豊富な人物を探しているのです」

「彼はおそらく、トッテナムのファンが最も望む監督ではないかもしれないね。だが、マルセロ・ビエルサがリーズ・ユナイテッドに来たとき、我々イングランド人は実際のところ彼についてあまり知らなかった」

「彼がシーズンを始めて、彼らがどの順位でフィニッシュできるかを見るまでは、判断を早まらないようにしたい。何歳であっても、その可能性を決めつけることはできないからね」