/ジェドソン・フェルナンデスのローン加入の成立が迫る [Guardian]

ジェドソン・フェルナンデスのローン加入の成立が迫る [Guardian]

ジェドソン・フェルナンデスの18ヶ月間のローン移籍の成立に向かっているトッテナムは、来週にはこの商談を完了できると自信をもっている。21歳のベンフィカのミッドフィルダーは、ジョゼ・モウリーニョとこれまでの繋がりがある大物代理人のホルヘ・メンデスによってスパーズに移籍の提案が出され、これを受けてスパーズが動いている。メンデスは最近、フェルナンデスとエージェント契約をスタートしている。

ウェストハムもフェルナンデスに関心を示していたが、金曜日にスパーズがこのポルトガル代表で2キャップを誇り、将来を嘱望させる選手の獲得に向けて出し抜いたことに恐れを感じ始めた。中央または右サイドのミッドフィルダーとしてプレーするフェルナンデスは、プレミアリーグですぐに影響を与えることができるかどうかは未知の人材である。

モウリーニョは、4月中旬までムサ・シソコを膝靭帯損傷で失うことになったため中盤の駒不足に陥り、戦力バランスが乱れたため強化したいと語っていたが、ダニエル・レヴィ会長に補強への動きを要求することは無いとしていた。モウリーニョは、クラブの資金が切迫していることを把握しているためだ。

「私のボスが我々の前にあるこの困難な時期を支援できる解決策を持ってやってきたなら、それはそれで歓迎するよ」

「しかし、そういった解決策の機会を見つけられない場合は、チームの進化のために適切な決定(補強)を実行するのを次の夏まで待つさ」

今月、スパーズの移籍マーケットでの方針は、パニックバイ(負傷離脱者の穴埋めとなる緊急補強)ではなく、長期にわたる健全な投資となりうる適切な選手が獲得可能になった場合に補強に動くことを検討するというもの。これまでにエバートン、リヨン、マンチェスター・ユナイテッドからの関心も報じられていたフェルナンデスは、その「適切な選手」に合致している。