/【コラム】エバートン戦でアイデア不足を露呈したジョゼ・モウリーニョのスパーズ

【コラム】エバートン戦でアイデア不足を露呈したジョゼ・モウリーニョのスパーズ

トッテナムはホームでエバートンに1-0で敗れたが、ジョゼ・モウリーニョにとっては心配なシーズンのスタートとなった。

プレミアリーグがシーズン開幕を迎えた週末に、いきなり「危機的状況」だと話をするのは大げさに感じることが多いだろうが、今まさにAmazonドキュメンタリーのドラマシリーズで注目を集めているチームにとっては、おそらくその大げささ加減が適切なのだろう。カメラは日曜日に新シーズンをキックオフしたトッテナムに焦点が当てられていたが、ホームで1-0の敗戦となったことで、スポットライトはエバートンに向けられることとなった。

スタッツは、スパーズより多く、より速く走り、多くの枠内シュートを放ったが、ゴールは生まれなかった。しかし、スパーズのパフォーマンスを要約する最も簡単な表現は、彼らは圧倒されたと言うことだ。カルロ・アンチェロッティのチームは首尾一貫したプランを持っていたし、積極的にプレーしていた。トッテナムは、残念ながらアイデアが欠けていた。

マット・ドハティとピエール・エミール・ホイヴィアの夏の補強は目を見張るようなものではなかったが、スパーズが賢明に立ち回ったと広く評価されていた。前者は、モウリーニョが就任以来好んできた右サイドの高い位置での役割に適しているようだ。後者は、前方の選手がプレーする機会の創出を期待されており、そのためのボール奪取能力を持っている。

しかし、スパーズは前方の選手がプレーする機会を創出するためのボールが必要だった。開始から最初の30分間はボールをあまり多く得ることができずに苦戦していた。

ギャリー・ネビルはSky Sportsの番組内で次のように語っていた。

「中盤のホイヴィアとウィンクスからは、チームのポゼッションの観点から何も見出すことができなかった」

「彼らは全くボールを収められていない」