/ジョゼ・モウリーニョ:デレ・アリが「偽9番」に適任

ジョゼ・モウリーニョ:デレ・アリが「偽9番」に適任

「ライプツィヒ戦がここからの4連戦の2試合目に控えているだ。フレッシュなチームでライプツィヒ戦に望めはしないだろうが、突破の資格を懸けて戦えるチームを作らなきゃいけないんだ」

モウリーニョが11月下旬に監督に就任して以来初めて、エリク・ラメラがチーム練習に復帰し、連日のトレーニングに励んでおり、1月下旬以来となる先発出場が予想されている。モウリーニョは、最近まで太ももの問題に悩まされていたラメラについて次のように語っている。

「筋肉系の問題を抱えやすい選手なんだ」

「臨戦態勢になるためにも、本人が自信をかなり高める必要がある。並外れた爆発力を持っているし、しっかりとパフォーマンスするためには何も問題が無い状態にならなきゃいけない」

ライアン・セセニョンも復帰可能となり、モウリーニョの攻撃のオプションは今夜の試合に向けて充実してきた。月曜のU-23スパーズの試合で45分間出場し、ゴールを決めた18歳のトロイ・パロットはベンチ入りが予想されている。