/トッテナムの1月の移籍マーケット:実現しそうな補強と放出 [Evening Standard]

トッテナムの1月の移籍マーケット:実現しそうな補強と放出 [Evening Standard]

1月の移籍マーケットが始まった。首都ロンドンの各クラブは、シーズンの後半戦に向けてチーム戦力の強化を図っている。
 

夏の移籍マーケットでは、周りのプレミアリーグのクラブが大盤振る舞いで補強を進めていくなかで、たった1人の補強も実現できなかったトッテナム。

1月はその状況を変えることができるだろうか?

ダン・キルパトリック記者が、現在ウェンブリーをホームとしているクラブの移籍マーケットでのこれからの数週間の動きをスタンダード・スポーツに次のように解説してくれた。

 

今月、スパーズが優先しているのはイングランド人の若手選手の補強で、ハルのFWジャロッド・ボーウェンやノリッチSBマックス・アーロンズが獲得候補となっている。

一方で、フィンセント・ヤンセン、ジョルジュ・ケヴィン・エンクドゥの放出に注力しており、さらにはムサ・デンベレ、ヴィクター・ワニアマ、フェルナンド・ジョレンテ、ミシェル・フォルムへの獲得オファーにも検討する構えをみせている。

実績があるセントラル・ミッドフィルダーやセンター・バックの補強に移籍マーケット終盤に動く可能性があり、ヘンクのMFサンダー・ベルゲはその選択肢となるだろう。