/スタジアム併設のエクストリーム・スポーツ・ビルとコミュニティ・ヘルスセンターの建設申請が行政から承認される

スタジアム併設のエクストリーム・スポーツ・ビルとコミュニティ・ヘルスセンターの建設申請が行政から承認される

ハリンゲー地区評議会の計画委員会は、スパーズのスタジアム複合施設の建設申請の修正案にゴーサインを出した。

トッテナム・ホットスパーは、新スタジアムに併設するエクストリーム・スポーツ・ビルとコミュニティ・ヘルスセンターを建設するための申請書を修正し、ハリンジー地区評議会から承認された。

2つの申請書は、以前に修正前の申請書で承認されていたが、今年になって修正した申請書が再提出されたもので、先週の計画委員会で、地域社会に貢献する建物として認められ、再び承認されたようだ。

当初の申請は、トッテナム・ホットスパー・スタジアムの建設前の2016年に提出されたもので、その時の承認条件として、5年が経過する前に規模または外観のいずれかについて、さらなる申請を行うことが求められていた。

エクストリーム・スポーツ・ビルは12億ポンドの建設費を投じたスタジアムの南側に建設される予定で、ホテルや住宅街の計画も含まれている。

この建物には、屋外と屋内のクライミング・ウォールと巨大なダイブタンク(スキューバダイビングが設置され、建物の高さは最大51.2メートルまで建設可能で、最終的な外観は次回の計画申請時に提示される予定だが、スタジアムの複合施設を彩る印象的な建物になるだろう。

スパーズは、最新の申請書の中で、「エクストリーム・スポーツハブ」と呼ばれる施設の運営者として、さまざまな候補者と協議を重ねてきたと書いているが、まだ運営会社は確定していない。

ハリンゲー地区評議会の計画部門の報告書では、この新施設が「遠くからの訪問者を呼び寄せるだけでなく、地域社会に大規模な屋内スポーツ施設を提供することが期待される、ユニークなレジャー施設を実現する」としている。

先週開催された計画委員会では、これに同意し、承認された。

ここでは、「エクストリーム・スポーツハブ」が南スタンドの景観にどのようにフィットするかを示す、オリジナルのコンセプト画像を紹介する。

An artist's impression of how the south stand plaza will look from ground level at the Tottenham Hotspur Stadium (Image courtesy of Tottenham Hotspur)
トッテナム・ホットスパー・スタジアムの地上から見た南側スタンドの外側広場のイメージ図1
An artist's impression of how the south stand plaza will look at the Tottenham Hotspur Stadium (Image courtesy of Tottenham Hotspur)
トッテナム・ホットスパー・スタジアムの地上から見た南側スタンドの外側広場のイメージ図2