/ゴールド記者とゲスト記者のファンとのQ&A:ダイアーはなぜレギュラーなのか、ロチェルソとアリの適性ポジション、ダイアーはいつ外れるのか…

ゴールド記者とゲスト記者のファンとのQ&A:ダイアーはなぜレギュラーなのか、ロチェルソとアリの適性ポジション、ダイアーはいつ外れるのか…

今シーズンここまでのメスでのパペ・マタル・サールの活躍は?

アラスデア:19歳の彼にとって重要なことは、すべての試合に先発出場していることだ。これは、来夏のイングランドへの移籍に向けて、彼が成長していく上でとても重要なことなんだ。また、彼は非常に多才で、メスでは中盤の守備的な役割や攻撃的な役割、さらには左サイドでプレーすることもある。スパーズへの移籍に向けて、彼の教育のためには良いことだと思うね。

エリック・ダイアーが緊急事態に対応して素晴らしかったことは認めますが、守備でのミスという点では今回も致命的なやらかしっぷりでした。ヌーノはどの時点で、ロメロとロドン、あるいはサンチェスやタンガンガのパートナーとしてプレミアリーグのセンターバックを構築し、ダイアーをECLやカップ戦に残すことを考えるのだろうか?

アラスデア:さきほどでゲスティ(ロブ・ベスト記者)が言っているように、ダイアーはセンターバックの中でもリーダー的存在とみなされており、他の選手たちはずっと若いこともあってダイアーが選ばれるでしょう。セント・ジェームズ・パークでは、彼がロメロに向かって「自分で処理できるからポジションに戻れ」と怒鳴っている場面があったよ。23歳のロメロは、何度も体勢を崩し、背後に大きなギャップを作っていたからだ。毎試合、確かに1~2回のミスはあり、せっかくの堅実なプレーを台無しにしてしまうこともあるが、年齢と経験を重ねてきたことが彼を後押ししているようだね。

チームに落ち着きが出てきて、それが明らかにチームのためになっています。ここ数年で初めてスターティング・メンバーが2試合連続で固定されましたが、スターティング・メンバーがこのまま固定されればより多くの成果が得られると思います。そのスターティング・イレブンについて、今のあなたの考えは?

ロブ:ヌーノは、最強の11人という意味では、間違いなくそこに到達している。ルーカスがファイナル・サードで安定したプレーを見せられないのであれば、右サイドバックと右ウイングのポジションはまだポジション争いがあると思うよ。ダイアーはこれまでのリーグ戦8試合すべてに先発出場しているが、残念ながら好調な試合を台無しにしてしまうような気の狂ったような場面をなくす必要があるだろう。ヌーノがスパーズのベスト・イレブンを見出そうとしているのは良いことだね。

トッテナムの今シーズンの現実的な目標は何ですか?

ロブ:過去2シーズンの状況を考えると、今シーズンはトップ4入りを目指しているはずだ。5月にそれが可能かどうかはまだわからないが、彼らが軌道に乗るためには、何らかの前進が必要になる。少なくとも、来シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグではなく、ヨーロッパリーグに復帰する必要がある。最終的にトロフィー不足を解消するためには、カップ戦での大躍進も欠かせないね。