/トッテナム・ホットスパー・スタジアム・リミテッドが大企業向け緊急融資(CCFF)の適格発行体の認定を受ける

トッテナム・ホットスパー・スタジアム・リミテッドが大企業向け緊急融資(CCFF)の適格発行体の認定を受ける

THS(トッテナム・ホットスパー・スタジアム・リミテッド)は、イングランド銀行が定めたCCFF(COVIDコーポレート・ファイナンシング・ファシリティ)の基準を満たし、1億 7500 万ポンドのコマーシャル・ペーパーを発行しました。

CCFFは、パンデミック期間中にコマーシャル・レート(通常レートよりも優遇されたレート)で短期融資を行うことを目的としており、投資適格性が高く、英国経済に大きく貢献している企業が対象となります。

世界的なパンデミックは、前例のないほどの経済的・社会的課題を生み出しており、エンターテインメント部門は特に影響を受けています。経済的な影響の全容と期間はまだ明らかになっていません。現在のところ、観客参加型のライブイベントがいつ再開可能になるのかは不明です。

2021年6月までの期間、フットボールなどの競技試合や大規模商業イベント、コンサートなどのライブ・イベントの収入や放映権収入のリベート(払い戻し)を含めたクラブの収益への推定される損失は2億ポンドを超える可能性があります。

この制度による短期融資を選手獲得に充てませんが、このような厳しい時期にクラブ財務に柔軟性を増して運転資金を確保するために融資を受けました。クラブは、近隣地域の再生の一環として、多様な収益源を提供し、雇用や住居、学校を生み出すことを目的とした多目的のスタジアムおよびその周辺施設を建造しました。私たちは、そういったすべての利害関係者のためにクラブの将来の安定性を確保し、地域社会と地域への継続的な投資を支援する責任があることを常に意識しています。

ダニエル・レヴィ会長

「私たちは常に自給自足の経営活動を基盤としてこのクラブを運営してきました。3月18日に私は、クラブでのこれまでの20年の間には多くのハードルがあったと述べましたが、今回ほどの規模のものはありませんでした。COVID-19のパンデミックはこれまでにないほどの深刻さを見せています」

「科学者や技術者、そして政府、ライブイベント関連団体が協力して、観客をスポーツやエンターテイメントの会場に戻す安全な方法を見い出すことが急務となっています。私たちは、これを可能にするための新技術の開発を支援し、ライブイベントでファンが情熱を再び体験できるように努めていきます」