/ギャレス・ベイルのレアル・マドリー移籍の真相がフットボール・リークスによって明らかに

ギャレス・ベイルのレアル・マドリー移籍の真相がフットボール・リークスによって明らかに

フットボール界の秘密を明かす「Football Leaks」が伝えたところによると、2013年夏にスパーズからレアル・マドリーに移籍したギャレス・ベイルの移籍金は、当時から報じられていた1億ユーロ以上の金額のようだ。

 

同情報によると、レアル・マドリーは4度の分割払いでこの移籍金を支払う契約となっており、すでに2490万ユーロの支払いを3度(計7470万ユーロ)を支払い済み。残る1度で、さらに2120万ユーロが支払われることになる。

6ページの公開情報では、レアル・マドリーが分割での支払いを希望したことが綴られており、総額は99,749,542ユーロ。さらに1,015,875ユーロの連帯貢献金(選手育成への報酬)を加えた100,759,418ユーロが支払総額となる。この額はマンチェスター・ユナイテッドから同じくレアル・マドリーにクリスティアーノ・ロナウドが移籍した際の移籍金、9600万ユーロを大幅に上回るものであると推定される。

これまでレアル・マドリーはベイルの獲得に要したコストを91,589,842ユーロだとプレス向けに主張してきた。確かにその額は即金で支払った場合の移籍金にあたるが、レアル・マドリーは資金繰りから、分割支払いを選択せざるを得ず、結果的に1億ユーロ超の移籍金となっている。

 

TAGS: