/現在のトッテナムのパワーランキング:ヤン・フェルトンゲンは下降気味、エリク・ラメラとルーカス・モウラは急上昇

現在のトッテナムのパワーランキング:ヤン・フェルトンゲンは下降気味、エリク・ラメラとルーカス・モウラは急上昇

10位 ハリー・ウィンクス

ビラ戦では非常に良かったが、シティの攻撃を食い止めることはできなかった。彼が開幕からシーズンを開始し、フィジカル的に強くなったように見えるのは良いことだ。
9位 ムサ・シソコ

シティ戦では、彼が最も猛威をふるう中央での出場でなかった。ビラ戦ではゴールに迫り、ゴール前6ヤードの位置からスローインになる恐怖のシュートを放っている。

8位 ソン・フンミン

アリと同様にエティハドで彼の不在の大きさを感じさせたため、順位が跳ね上がった。韓国のスターは直近2試合でシティを恐怖に陥れた。彼の出場停止が明けたことはスパーズにとって朗報だ。
7位 トビー・アルデルヴァイレルト

この夏に去るつもりだったが、獲得に乗り出すクラブが現れずアルデルヴァイレルトは困惑した。彼はスパーズで一生懸命に取り組み、ここまでフル出場している。ポチェッティーノは昨年の夏、ベルギー人にやり直す機会を与えると言い、彼はここまでその言葉に忠実であり続けた。
6位 クリスチャン・エリクセン

エティハドで際立ったプレーをしていれば、エリクセンはもっと高い順位だっただろう。計り知れない能力を持つこの選手にとっては残念なことに、あの試合に自分の存在を刻むことは全くなかった。ビラ戦では途中出場でトッテナムにとって彼がどれほど重要なのかを見せつけ、このリストとポチェッティーノの考えでは高評価のままだ。