/現在のトッテナムのパワーランキング:ヤン・フェルトンゲンは下降気味、エリク・ラメラとルーカス・モウラは急上昇

現在のトッテナムのパワーランキング:ヤン・フェルトンゲンは下降気味、エリク・ラメラとルーカス・モウラは急上昇

20位 パウロ・ガッザニーガ

このアルゼンチン人が2番手であることは明確であり、週末もいつも通りベンチに座っていたが、彼が実力をアピールする機会がくるまでは控えに留まり続けるだろう。

19位 エリック・ダイアー

夏の手術から復帰した後の今シーズンは2試合ともベンチで、まだ出場機会はない。週末は目の前でスキップが投入されるのを見ていた。
18位 ベン・デイビス

このウェールズ人は再びコンディションが整い、エティハドでベンチ入りメンバーに戻ってきた。彼はこの夏に新契約を結び、ポチェッティーノは彼をプロフェッショナルなスカッドの一員として好んでいる。
17位 ヤン・フェルトンゲン

もちろんこれはおそらくクラブで最高のDFにとって非常に低い位置だが、それは彼が現在罰を受けていて、プレミアリーグで出場していないからだ。心配する必要はない、彼は上がってくる。
16位 オリバー・スキップ

プレミアリーグでわずか数分間の出場に留まったのにもかかわらず、この18歳にとっては本当に良い2週間だった。なぜなら特にエティハドでの最後の数分間、狂気とプレッシャーの中で投入されたのはポチェッティーノが実績あるMFより彼を信頼してきたからだ。