/ウィンクスがさらなる輝きを放つにはエンドンベレの台頭が必要

ウィンクスがさらなる輝きを放つにはエンドンベレの台頭が必要

例えば、2017年のチャンピオンズリーグでレアル・マドリードに勝利した試合で、ウィンクスはポチェッティーノの指揮のもと5-3-2で、ムサ・シソコとクリスチャン・エリクセンと並んで中盤の3人の1人としてチームのテンポを司るという役割を担い、非常に印象的なプレーを見せた。

モウリーニョがこのようなシステムに切り替える可能性は薄いように見えるが、ウィンクスのボールを前方に進めるスタッツは、より攻撃的な役割を担うことで輝きが増す。

2018年、ポチェッティーノはウィンクスがイングランドのアンドレス・イニエスタになるかもしれないと発言し、多くの者が眉をひそめた。彼がスペインのレジェンドのレベルに達する可能性は低いだろうが、ファイナルサードでより多くのインパクトを与えるかを試すチャンスを得るに値するだろう。

しかしそのためには、モウリーニョがエンドンベレのベストフォームを取り戻し、現在ウィンクスが担っている役割を引き継ぐ必要があるだろう。