/ジョナサン・バーネット(ギャレス・ベイルの代理人)がダニエル・レビィとの商談を振り返る

ジョナサン・バーネット(ギャレス・ベイルの代理人)がダニエル・レビィとの商談を振り返る

 

「ギャレスは毅然としていたね。本人は決して移籍の希望を表明することはなかった。去りたいとは言わなかったんだ。我々が伝えたことを彼はただ受け入れ、そして決まったんだ」

バーネットはさらにレビィとの交渉がどうであったかの詳細にも触れた。

「私はダニエル・レビィと多くの交渉をこなしたよ。彼は大変な相手だったね。しかし、彼は筋が通っている。真実しか言わないんだ。彼と握手をした時に商談は成立するのさ」

「私は論争になるが大きな敬意を持てるような相手との商談の方がやりやすいんだよ。それで合意に至り、後になってみればいろいろと分かってくるのさ」

「レビィ会長の立ち居振る舞いは正しいね。交渉がしやすくてそれで契約を成立させるだけのフットボールクラブの会長はたくさんいる。交渉したことと契約とは違うのさ」

 

TAGS:
Tottenham Hotspur