/スパーズがモウリーニョの会見に出席する記者にアンケートを要請

スパーズがモウリーニョの会見に出席する記者にアンケートを要請

新型コロナウイルスの大流行の中で、トッテナムはウォルバーハンプトンとの試合を控えての金曜日の記者会見に出席する記者たちにアンケートに回答するよう要請している。

今週木曜、英国で新たに3人にCOVID-19(新型コロナウイルス)の発症が見られたことが発表され、英国の最高医療責任者であるクリス・ウィッティ教授は、現在、患者がNHS(国民保健サービス)伝染病センターの専門医の監視下に置かれていることと共に、「ウイルスはイタリアとテネリフェを越えて伝染してきている」ことを確認した。

英国ではこれまでに合計7,690人が検査を受け、そのうち16人が陽性と診断され、すでに8人が退院している。

英国政府は、過去2週間以内に中国の湖北省、イラン、イタリア北部のロックダウン・エリア、または韓国の特別警戒地域を訪問したすべての人にNHSに連絡することを要求している。

トッテナムは、最新の状況を踏まえて、金曜日にホットスパー・ウェイで行われるジョゼ・モウリーニョの記者会見に出席する記者たちに、会場到着前にアンケートに記入するよう要求した。

クラブからのメールには次のように書かれている。

「コロナウイルスに関する政府のガイドラインに従ってください。明日の記者会見の前にメールに添付したフォームに記入し、署名して返送してください」

「記者会見の前に返送ができない場合は、明日(記者会見当日)、セキュリティゲートに到着したときに本人がフォームに記入することもできます」

「トレーニング・センターに頻繁に訪問する場合は、政府が指定した場所のいずれかの訪問歴がない限り、このフォームを1回提出するだけで済みます」

アンケートでは、記者本人が最近訪問したか、に加えて、中国、マレーシア、タイ、マカオ、日本、イタリア、韓国、ベトナム、香港、カンボジア、台湾、ラオス、シンガポール、ミャンマーに訪問した者と接触したかどうかを尋ねている。

さらにその電子メールのアンケートでは、過去2週間以内にコロナウイルスの検査を受けた者との接触があったかどうかも尋ねている。