/ホイヴィアの加入がタンギ・エンドンベレのポテンシャルを解き放つカギとなる理由

ホイヴィアの加入がタンギ・エンドンベレのポテンシャルを解き放つカギとなる理由

サウサンプトンからトッテナムへの移籍が決まったピエール・エミール・ホイヴィアは、この8ヶ月間、自己PRに勤しんできた。

数々のインタビューの中でホイヴィアは、自分の潜在能力とリーダーシップについて語り、プレミアリーグやチャンピオンズリーグに挑戦できるレベルへのステップアップを望んでいると強調した。

そのホイヴィアの野望によって、1500万ポンドでノースロンドンへの移籍で実現すると予想されており、一方でスパーズのサイドバック、カイル・ウォーカー・ピータースは1200万ポンドサウサンプトンにで移籍することになる。

セント・メアリーズでの契約延長を拒否したことでホイヴィアはキャプテンの座を剥奪されたが、それでもスパーズは彼のピッチ上での献身的な姿勢と仕事ぶりに疑問を抱くことはないだろう。

しかし、17歳の頃にペップ・グアルディオラをして「バイエルン・ミュンヘンのセルヒオ・ブスケツ」と呼ばれたほどの期待に、まだホイヴィアは応えられていない。

当時のホイヴィアの魅力の一つはその人間性であり、バイエルンでの地位を確立できなかった後、20歳でセインツへのステップダウンに踏み切る勇気を見せた。

セント・メアリーズで、その信念と決意はすぐに認められた。ホイヴィアは敗戦の後のインタビューでしばしばメディアと対峙することがあり、その発言からは、将来は指導者としての道を歩むかのような考え方やビジョン、試合を明確に理解してどのようにプレーすべきだったかを明らかにしていた。

そのような彼の資質は、戦術的に厳しい要求を課すジョゼ・モウリーニョに強くアピールすることになるであろうし、23歳でサウサンプトンのキャプテンに任命された所以でもあった。分析力に長けた頭脳、激しい労働倫理、順応力の高さで、彼はまさしく「ステレオタイプなモウリーニョの戦士」としてのいくつかの要件のほとんどを満たした選手だ。ただし、サウサンプトンでは守備専任のミッドフィルダーではなく、ボックス・トゥ・ボックスとして卓越していた。