/ハリー・ケイン:なんでPKじゃなかったのか理解するのは大変

ハリー・ケイン:なんでPKじゃなかったのか理解するのは大変

ハリー・ケインは、トッテナムはマンチェスター・シティやリバプールとの差を埋めるために迅速に行動しなければならないと警告している。

マン・シティとリバプールは2018-19シーズンにタイトル争いを独占したが、スパーズは今回、プレミアリーグの栄光のために彼らと競い合うことができると多くの専門家から支持を得ていた。

しかし、マウリシオ・ポチェッティーノのチームは日曜日にニューカッスルを相手にホームで1-0の驚くべき敗戦を喫し、2010年以来勝利していない敵地でのラアーセナルとの厳しい試合に直面している。

リバプールやマンチェスター・シティとの差は、すでにそれぞれ5ポイント、3ポイントになっており、ケインの懸念はコメントにもあらわれている。

トッテナムはプレミアリーグ王者や欧州王者者たちと競い合うのに十分な実力をもっていると思うか?との質問にケインは次のように答えた。

「そうだと思うけど、まだまだ大変だよ」

「マンチェスター・シティやリバプールから見ればわかるように、彼らが取りこぼすことはないんだ。シーズンが始まる前に僕が言ったのは、もし僕らが彼らを追走し、勢いを得ながら、ポイントを落とさずに開幕から2〜3か月間、勝利を重ねる必要がある、ということだった。結局、残念なスタートになったけど、まだまだ先は長いよ」

「シーズン最初の週末が終わった後にも同じことを言ったよ。金曜日の夜にリバプールが勝ち、土曜日の早い時間にマンチェスター・シティが勝った。彼らの結果を基準にしていて、僕らは彼らについていく必要があると知っていたし、特にホームでは必ず勝たないといけない」

「2度目のホームゲームでそれができなかったのは残念だよ。しかし、まだ先は長いし、大きな試合が待ち受けている」

「これでビッグゲームであり厳しい試合で勝ち点を稼いでいき、ニューカッスルとの戦いでの反省点を改善しなければならなくなったんだ」

「(アーセナル戦を)負けや引き分けで、インターナショナル・ブレイクには入りたくないよ」

「もちろん、ノースロンドン・ダービーはビッグゲームだ。もし勝てば、最初の4試合の戦績としては少し明るくなる。簡単なことではないけど、しっかりと準備を整えて戦いに挑む必要がある」

スパーズはニューカッスルとの試合で79.8%のポゼションを誇ったが、枠内シュートは3本のみだった。

前半27分のジョエリントンの決勝ゴールのあと、相手守備を攻略することができずに、ニューカッスルは3ポイントを持ち帰ることになった。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介

送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入
おすすめグッズ
✅NIKE OPTIC ZIP HOODIE 2018/19 ¥6,000 / Joggers 2018/19 ¥5,200
昨季選手がスタジアムに移動する際に着用されたウェア。テーパードの効いた綺麗なシルエットながら着心地も良く、シンプルなデザインでシチュエーションを選ばない。身長が170cmくらいであればSサイズがベスト。
(下の画像をクリックしてSpurs公式ショップへ)

↓Joggers(スウェットパンツ)はこちらのリンクから↓
NVY XL NK OPTIC JOGGER 2018/19