/ルーカス・モウラ:誰もが僕は『ナンバー9』じゃないって知っているさ

ルーカス・モウラ:誰もが僕は『ナンバー9』じゃないって知っているさ

「僕が『ナンバー9』じゃないことは誰でも知っている。僕のベストなポジションじゃない。ポチェッティーノが僕をそこへ置いたときには僕はいつだってベストを尽くしたよ。僕にとって一番大切なのはチームだからね。でも、監督によって持っている考えは違うんだ」

「今、このポジションでとても良い感触を掴めている。いつだってこのポジションでプレーしてきたからね。いい感じだしハッピーだよ」

トッテナムは今一度チャンピオンズリーグのノックアウト・ステージに到達した。今週、モウリーニョはスパーズの優勝のチャンスを『奇跡』から『非常に難しいもの』と格下げしている。そうしたなかでルーカスは、モウリーニョがクラブのメンタリティをより頑健なものにしてくれると信じている。

「そうだね。これまで彼と仕事をしたことはないけど、今、彼のことを知り始めているところだ。でも、始まりの段階では本当に本当にいい感じだよ。みんながハッピーだ。未来に明るい見通しを感じて、一歩ずつ彼を理解していき、彼の哲学を実践するんだ」

「彼は勝者であり、チャンピオンだ。多くのトロフィーを獲得している。僕ら選手に授けること、チームやクラブにもたらすことは多すぎるくらいあると思うよ。みんなが彼について楽観的だし、彼の仕事を信頼しているんだ」

Tottenham Hotspur