/ソン・フンミンの帰国は短期の兵役義務のため

ソン・フンミンの帰国は短期の兵役義務のため

トッテナムのソン・フンミンは、プレミアリーグの中断期間を利用して韓国での4週間の兵役義務を完了さるとみられている。

週末、スパーズはソン・フンミンに韓国への帰国許可を与え、今月末には徴兵を開始する予定だ。

今週金曜日にプレミアリーグの20のクラブが会合を開くように設定されており、4週間の兵役を完了するのに十分な時間が与えられるか、そこでの決定をソンは待つことになる。

ソンは2018年9月のアジア協議大会でキャプテンを務め、韓国代表を金メダルに導いたことで21ヶ月間の兵役義務の免除を受けることになったが、短縮された兵役を完了する必要があり、それは次のシーズンオフに予定されていた。

ソンは日曜日に両親と一緒にソウルに到着し、手術を必要とした右腕の骨折からの回復を続けながら、検疫のために14日間の隔離状態に置かれている。