/2019-20シーズンのスパーズのプレミアリーグ残り9つの対戦カード

2019-20シーズンのスパーズのプレミアリーグ残り9つの対戦カード

プレミアリーグの再開に向けて、今シーズンのスパーズの残りの試合を全て紹介する。

「リーグ再開プロジェクト」を推し進めていたプレミアリーグは、6月17日から中断していたリーグを再始動する予定だ。

その初戦では、アストンビラがシェフィールド・ユナイテッドと、マンチェスター・シティがアーセナルと対戦し、6月19〜21日の週末には全チームが登場しての試合日程が組まれることになる。

プレミアリーグ全体ではまだ92試合が残されており、その後にも試合がどんどん開催されていく。

スパーズは他の上位陣とは異なり、FAカップで敗退となっているため、リーグ再開後はプレミアリーグのみに専念し、9試合が今シーズンの残り日程のすべてととなる。

まだ正式な日程は決まっていないが、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるスパーズは来シーズンのヨーロッパ戦の出場権を確保するために、重要な試合がいくつか残されている。

まずスパーズは、モウリーニョの古巣であるマンチェスター・ユナイテッドをロンドンに迎え撃っての一戦となり、その後にはウェストハムが小旅行で乗り込んでくるという、いきなりの大試練の連戦となる。

さらにスパーズはシェフィールド・ユナイテッドとアウェイゲームに向かい、エバートンをホームに迎えて、その後にはボーンマスに向かう。

そしてニューカッスル・ユナイテッド戦への長い旅の前に、ノースロンドン・ダービーでアーセナルとのホームゲームというビッグカードが控えている。

そしてチャンピオンズリーグ出場権を狙うレスター・シティとのホームでの試合を経て、セルハースト・パークでのクリスタルパレス戦が最終節となる。

トッテナムの残りの試合

マンチェスター・ユナイテッド(H)

ウェストハム・ユナイテッド(H)

シェフィールド・ユナイテッド(A)

エバートン(H)

ボーンマス(A)

アーセナル(H)

ニューカッスル・ユナイテッド(A)

レスター・シティ(H)

クリスタルパレス(A)