/ヨーロッパ・カンファレンスリーグの対戦でトッテナムのファンはレンヌへの入場を禁止へ

ヨーロッパ・カンファレンスリーグの対戦でトッテナムのファンはレンヌへの入場を禁止へ

その後、トッテナムはツイッターで、フランスの都市に向かうサポーターに直接連絡を取り、試合当日のこの規制に関する情報を提供することを呼びかけている。

フランスのOuest France誌では、FSEのマネージング・ディレクターであるロナン・エヴァンが、トッテナムのファンがフランスに渡っている中で、このような遅いタイミングでの条例の採用は「不合理」であると次のように評している。

「この政令は非常に遅く、我々にはほとんど時間がなく、イングランドのクラブとそのすべてのサポーターに情報を行き届かせることができません」

「イングランドのサポーターは、直前になってレンヌ市の中心部に入ることを禁じられました。しかし、彼らはすでに宿泊施設をすでに予約しているのです。まったく不条理です」

「さらに、両クラブの間には何の敵意もありません。この条例は、公共の秩序を著しく乱す危険性がないだけにバランスの悪いものになっています」