/クリスチャン・エリクセンのプレシーズン復帰を期待するトッテナム [Telegraph]

クリスチャン・エリクセンのプレシーズン復帰を期待するトッテナム [Telegraph]

 

レアル・ベティスのミッドフィルダーのジョバニ・ロチェルソとレアル・マドリードのダニ・セバージョスに対してトッテナムが補強への関心を高めている。一方、フルハムの左バック、ライアン・セセニョンへの獲得オファーも予想されている。

キーラン・トリッピアも、トッテナムが補強資金を捻出をするために売りに出す可能性がある選手だ。この右サイドバックは、すでにプレシーズンのトレーニングに戻り、エリクセンのように他の動きが彼の未来に大きな影響を与えるかどうかを待つことになる。

ユベントスとナポリがトリッピアに興味を示したが、まだユベントスはジョアン・カンセロを売っていない。

アルデルヴァイレルトの契約の条項は、この移籍マーケットの最後の2週間の入る前まで2500万ポンドのバイアウト条項が有効である。つまり、他クラブは7月26日までにこのベルギー人を獲得するチャンスがある(※)が、スパーズはまだ獲得オファーを受けていない。

エリクセンと同様、アルデルヴァイレルトも契約期間があと1年残っているため、トッテナムはこの夏に両選手を放出しなければ、12カ月後にフリーで失うという悪夢のシナリオに直面する可能性がある。

カイル・ウォーカーを5000万ポンドでマンチェスター・シティに売って以来、トッテナムはたった一人のファーストチームの選手、ムサ・デムベレを売ることに成功したのみである。そのため、マウリシオ・ポチェッティーノ監督がこの夏にチームを刷新することに熱心な理由を際立たせている。

フェルナンド・ジョレンテの週給10万ポンドの契約は6月末で切れたため、スパーズのプレシーズンのトレーニングに合流していないが、スペイン人ストライカーは給与を減額した条件でスパーズに復帰する可能性はまだ完全には排除されていない。

トッテナムは、もしもジョレンテが復帰したいと考えているスペインのクラブから適切なオファーを受けなければ、新しい契約を提示し、加入させることができるだろう。

 


※SJ補記:他メディアは、「この移籍マーケットの最後の2週間の入ってから2500万ポンドのバイアウト条項が有効になる」との解釈が多い。

Tottenham Hotspur