/バルセロナやレアル・マドリーが注視するエリクセンとのスパーズの契約延長の公算

バルセロナやレアル・マドリーが注視するエリクセンとのスパーズの契約延長の公算

バルセロナやレアル・マドリーからの関心を受けるクリスチャン・エリクセンだが、トッテナムは新たな高額オファーによって契約延長にこぎつける自信があるようだ。

 

いまだスパーズとの契約延長が決まらず、ヨーロッパの強豪クラブからその動向に注目が集まっているが、トッテナムはクリスチャン・エリクセンとの新たな契約締結に自信を持っているようだ。

現在の週給7万ポンドの契約から2倍の週給を新契約で提示する構えのスパーズ。しかし、元旦のカーディフ戦でもゴールを決めたエリクセンはこれまでその他の選択肢についてもオープンにしてきた。

バルセロナやレアル・マドリーは26歳のプレイメイカーを高く評価しており、2020年で現契約が満了となるエリクセンにより高額のオファーを提示することもありえる。


 

その新契約オファーを提示するための資金繰りのため他の選手の放出を決断する必要があり、今シーズン中には契約延長にこぎつける見通しを持っているトッテナム。

デレ・アリは15万ポンドの新契約を10月に締結。さらにその前にハリー・ケインは20万ポンドで夏に契約している。

彼らに続くための契約延長をエリクセンは急いではおらず、交渉はこれからもしばらく続けられそうだ。