/パオロ・マルディーニ:オーリエの代理人と話したよ

パオロ・マルディーニ:オーリエの代理人と話したよ

トッテナムのセルジュ・オーリエの獲得を目指すACミランのテクニカル・ディレクター、パオロ・マルディーニが「オーリエの代理人と話した」ことを認めている。

27歳のオーリエはスパーズと2022年まで契約を結んでいるが、昨年の夏からロンドンを離れることを検討しており、セリエAへの移籍に興味を持っているという。

ミランのテクニカル・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニは、土曜日、クラブがいくつかの選択肢を検討している中で、昨年、オーリエの代理人と交渉を行ったことを確認した。

ミランがカリアリに3−0の勝利を収め、セリエAで6位フィニッシュを確定した試合の前に、マルディーニは次のように語っている。

「去年、彼の代理人と話をしたよ」

「我々はまずシーズンをしっかり終えることを考えているが、その後の3週間で移籍マーケットでの対応に当たらなければならない」

AC Milan have expressed interest in Tottenham right back Serge Aurier this summer

2017年にコートジボワール代表ディフェンダーを獲得したスパーズは、PSGに2300万ポンドを支払ったが、現在のスパーズの評価額は、2200万ポンド前後とされている。