/ローラン・コシェルニーへのキックでダビンソン・サンチェスに事後処分か [DailyMail]

ローラン・コシェルニーへのキックでダビンソン・サンチェスに事後処分か [DailyMail]

アレクサンドル・ラカゼットが土曜日の試合後にリツイートした動画ではダビンソン・サンチェスがローラン・コシェルニーを蹴っていたが、これは遡及的な処分を受ける可能性がありそうだ。

 

ウェンブリーのピッチの上に交錯して倒れ込んだ両者。いち早く立ち上がろうとしたサンチェスは足の裏でコシェルニーの膝を押しのけていた。

両チームそれぞれに与えられたPKなどアンソニー・テイラー主審の判定が物議を醸している。オーバメヤンのPKが失敗した際にはヤン・フェルトンゲンがエリア内に入っていたためにやり直しにすべきだったとの指摘が加熱。

Davinson Sanchez may face retrospective action for kicking out at Arsenal's Laurent Koscielny

Koscielny was seen looking up at Sanchez from the ground after the unsporting gesture

 

アーセナルのウナイ・エメリ監督は試合後に次のようにコメント。

「VARが審判を助けてくれるだろう。今日は審判が大きな個性を出していたが、エリア内でのこういった難しいアクションを最善の判定で捌き切るには十分ではないだろう」

「VARが彼らを助け、今日のような試合をよりフェアなものにしてくれるはずだよ」

「過ちは起こるものだ。審判がアクションを見定めるのはとても難しいことだ。VARがこういった判定において彼らを助けてくれることは、フットボールにとってポジティブなことだと思うよ」