/トッテナムがライアン・セセニョンの獲得に近づく[Telegraph]

トッテナムがライアン・セセニョンの獲得に近づく[Telegraph]

両クラブ間の交渉の突破口をたどり、トッテナム・ホットスパーはフラムのライアン・セセニョンの獲得に近づいている。

また、フラムはセセニョンを放出した資金の一部で、スパーズのMFジョシュ・オノマーの獲得に動くと同時に、WGのジョルジュ・ケビン・エンクドゥにも関心を示している。

オノマーとエンクドゥは、トッテナムのアジアツアーに参加せず、新しいクラブを探すことができると言われている。

この2人がセセニョン獲得のためにスパーズ側から提案されたのか、19歳のセセニョンの売却資金でフラム側がどちらかを獲得しようとしているのかは不明である。

しかし、フラムのオノマーとエンクドゥへの関心は、交渉の前進を促進し、セセニョンはトッテナムの一員になると予想されている。

ジョシュ・オノマーはスパーズのアジアツアーに参加していない

セセニョンはフラムとの契約が1年しか残ってないため、スパーズは2000万ポンド前後 + ボーナスで獲得する可能性が高い。

マンチェスターユナイテッドや海外からも関心があるにもかかわらず、セセニョンはファーストチームでのチャンスを得られそうなマウリシオ・ポチェッティーノのトッテナムに加わることを常に望んでいた。

スパーズは左SBのダニー・ローズを放出しようとしており、先週はキーラン・トリッピアを2000万ポンドでアトレティコ・マドリーに放出した。

セセニョンは、クラブレコードで加入したタンギ・エンドンベレと、獲得後リーズにローンバックされたジャック・クラークに続く加入となるだろう。

エリクセンはレアル・マドリー、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッドからのオファーを待っている

ポチェッティーノは、セセニョンの他に少なくとも1人の獲得を望んでいて、ダニエル・レヴィ会長は、監督も望むベティスのジオバニ・ロチェルソを獲得しようとしている。

トビー・アルデルヴァイレルトがクラブを離れることができる2500万ポンドの契約条項は金曜日に失効するが、彼の契約は1年しか残っていない。

クリスチャン・エリクセンは、新たな挑戦がしたいと認めてから1ヶ月以上経つが、レアルマドリーやユベントスやマンチェスターユナイテッドからのオファーがあるかどうか待っている。